旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

台湾の150mmファウンドリは2021年第3四半期までフル稼働、台湾メディア報道

2021年03月08日20時06分 / 提供:マイナビニュース

台湾の300mmおよび200mmウェハを用いるファウンドリはフル稼働状態が続いており、さまざまなアプリケーションの顧客が、その製造枠の奪い合いを行っていると伝えられているが、これに加えて150mm(6インチ)ウェハのファウンドリも少なくとも2021年第3四半期まで注文で満杯状態であるとの台湾半導体関係者からの情報を台湾のハイテク産業メディアであるDigitimesが3月5日付けで伝えている。

それによると、台湾ファウンドリ各社は、注目されている車載半導体だけではなく、すべての分野で半導体需要が増加しており、注文をさばききれないほどの状況になっているが、150mmウェハを用いた製造ラインも主にアナログ半導体の生産でフル稼働状態だという。具体的には、電源管理IC、個別パワーデバイス(ダイオードおよびMOSFET)などだという。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る