旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

4年後の国内パブリッククラウドサービス市場規模は約2.4倍に ‐IDC

2021年03月09日09時21分 / 提供:マイナビニュース

IT専門調査会社であるIDC Japanは3月8日、国内パブリッククラウドサービス市場予測を発表した。これによると、2020年の国内パブリッククラウドサービス市場規模は、前年比19.5%増の1兆654億円に上ることが分かった。また、2020年~2025年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は19.4%で推移し、2025年の市場規模は2020年比2.4倍の2兆5,866億円になると、同社は予測している。

また、同社が2020年10月に実施した何らかのクラウドを利用中の企業を対象としたWebアンケート調査「国内クラウド需要調査(Japan Cloud User Survey)」の結果から、企業のIT/クラウド戦略はクラウドを優先的に検討する「クラウドファースト戦略」を有する企業が65.5%となり、2019年10月調査の同58.5%から大きく増加したことが分かった。さらに、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大の影響によって、42.3%の企業が「クラウドの利用促進」の重要度が高まったと回答している。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る