旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

乃木坂46・山下美月、秋元真夏を語る「“あざとい”だけじゃなくて…」

2021年03月06日22時25分 / 提供:マイナビニュース

アイドルグループ・乃木坂46の山下美月が主演を務める、テレビ朝日系バラエティ番組『あざとくて何が悪いの?』(毎週土曜 21:55~ ※一部地域除く)内ドラマ「あざと連ドラ」の完全版上映会が、6日からTELASAで独占配信されている。

「あざと連ドラ」が6日で最終回を迎えたことを記念して収録された「あざと連ドラ完全版上映会」。平成ノブシコブシ・吉村崇司会のもと、主演の山下、乃木坂46の秋元真夏、DJ松永、ラップユニット「chelmico」が言いたい放題に語り合う。

「あざとい女性は幸せになれるのか?」をテーマに、あざと女子道をまい進してきた女子大生・さくら(山下)が、「あざとい」の通用しないミステリアスな後輩・ツバサ(Kaito)の出現で、本当に幸せな恋や生き方を模索するようになる同ドラマ。さくらにあざカワ人気女子でいることを強要し続ける彼氏・エイト(佐伯亮)や、さくらと読書を通じて意気投合した地味男子・浅野(浦谷賢充)ら、男性キャラクター陣も人気を集めていた。

上映会では、買ってきたコーヒーをさくらの頬にポンッと当てるツバサに対してDJ松永が「危ないよ、火傷するだろ!」と独特なツッコミを入れるほか、秋元が「エイト、イヤなヤツすぎません?」と物申すと、なぜか吉村がエイトを擁護するという予想外の議論も。また、ダークホース・浅野が登場するたびに、「浅野ー! 浅野ー!」とスポーツ観戦ばりの大歓声が巻き起こる。

エンドロールは、NG集やオフショットで構成されたものと、山下美月限定特別編の2パターン。特別編では、山下が逆オファーでレギュラー初回出演を勝ち取り、あざと連ドラ主演にまで至った歴史を網羅した。

山下が、上映会の感想を語った。

――収録の感想は。

「あざと連ドラ」への出演が決まった時は、すごくうれしくて……! 実は私、『あざとくて何が悪いの?』は毎週2回ずつ見ていますし、あざとい女子の再現ミニドラマでほかの女優さんたちの演技を研究して、「次は私もこの『あざとい』を出してみようかなぁ」とインプットしているんですよ。だから、「その成果をここで発揮しなきゃ!」と意気込んで、さくらちゃんを演じてきたんです。でも、まさかここまで視聴者の皆さんの熱が盛り上がって、「完全版上映会」という企画まで実現していただけるとは思ってもいなくて……! 本当に見てくださった皆さんのおかげだなぁ、と今日改めて思いました。

収録では皆さんのお話を聞きながら、「確かに誰かと一緒に見ながら、いろいろ意見を言い合いたくなるドラマだな」と思いました(笑)。特に、「女性のあざとさがあまり分からない」というDJ松永さんの言葉は一つ一つ刺さるというか……(笑)、目線が新鮮で面白かったです。吉村さんみたいなイケイケな方のコメントにも「なるほど! 意外!」と、驚きや新発見がありました。

――乃木坂46の先輩・秋元について。

乃木坂のキャプテンがわざわざスタジオに来てくださるなんて……ありがたかったです! 真夏さんはグループ内でも、「あざとい」という言葉を最初に使い始めた先輩。真夏さんがいらっしゃるからこそ、私もグループで「あざとい」をまっとうできるんです。しかも、真夏さんはただ「あざとい」だけじゃなくて、いろいろ考えながら動いてらっしゃる方だから、いろんな意味で素敵な「あざとい」だなって思います。

――「あざと連ドラ」の現場で一番あざとかったのは。

え~っ、難しいなぁ! そこまで「あざとい」と思う人はいなかったですけど、年下であるKaitoくんの「素直な後輩らしさ」は印象的でしたね。実はKaitoくん、現場で「僕、お芝居にはちょっと苦手意識があって、本当に緊張してるんですよ……」と正直に話してくれたんです。そう言われると「頑張って!」って思っちゃうじゃないですか(笑)! 後輩として“いいところ”を出してらっしゃるなぁ、と思いましたね。

――最後に、視聴者へメッセージをお願いします。

毎回SNSなどを通して、たくさんの方が「あざと連ドラ」で盛り上がっている様子をリアルタイムでチェックさせていただいていますし、すごくうれしい気持ちでいっぱいです。TELASAの方でも、いろいろな視点からツッコんだり、「これはこうじゃない?」みたいな議論をしているので、ぜひ一緒に盛り上がっていただきたいです!

(C)テレビ朝日

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る