旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

JR東日本など4社「未来の物産展 from 青森」VR技術で観光名所体験

2021年03月05日16時48分 / 提供:マイナビニュース

JR東日本、JR東日本スタートアップ、ABAL、NTTドコモの4社は、青森県の観光・物産・食をVR技術で体験できる新しい形態の物産展「未来の物産展 from 青森」を3月17~28日に開催する。

この物産展は、VR技術と5Gを活用した未来の物産展のしくみ「Hybrid Retail Platform」の実証実験として実施する。JR東日本はこれまで、首都圏の駅で各地の物産展を開いてきたが、「出店事業者は長距離の移動が必要なため負担が大きく、物理的距離が事業の拡大を阻害していた」という。そこで物理的距離や出店コストなどの課題を解消し、地方事業者が都心でのビジネス展開をより行いやすくするために、「未来の物産展」のしくみが有用であるかを実証実験で検証する。

東京駅八重洲中央口外「JAPAN RAIL CAFE」内特設コーナーにて開催され、来場者はVRゴーグルを装着し、青森県の観光名所を5階建ての建物として再現したVR空間に入る。各フロアには、青森ねぶた祭、弘前城の桜、奥入瀬渓流、岩木山、A-FACTORYの5種類のコンテンツが再現され、VR内のエレベーターでフロア間を移動する。

青森県の地産品やご当地グルメを購入できるVRショッピングのしかけも用意。VR内で地産品やご当地グルメを購入すると、VR体験終了後に商品の受取りや物産展限定メニューの飲食ができるという。開催時間は11~19時。体験は無料、物販・飲食は有料とのこと。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る