旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

リュックのように「人工筋肉を装着」、労働作業をアシストするスーツ

2021年03月05日10時19分 / 提供:マイナビニュース

ダイヤ工業とミドリ安全は3月9~12日まで、「第14回 国際物流総合展2021」で労働軽減アシストスーツ「DARWING Hakobelude(ダーウィン ハコベルデ)」(税込8万5,800円)を展示する。共同出展の参加となり、同製品の試着、体感も可能。

本製品はリュックサックを背負うように装着。肩から腰と脇から腰にかけては特殊高反発ゴムを、腰から大腿部にかけては特殊高反発ゴムと人工筋肉を内蔵している。重さは約800g、M、L2サイズで展開となる。

腰を落としてしゃがむことにより内蔵した特殊高反発ゴムが伸ばされ、ゴムの収縮力が発生して自然に上半身を起こしてくれるようなアシストが得られ、重い荷物などを持ちあげる際に背中から大腿部にかけての背面の筋肉を補助する機能を発揮する。

手動ポンプを用いて空気を送り込むため充電不要で稼働時間を気にせず使用でき、電力を一切使用しないので突然の雨などでも使用が可能。屋外、屋内問わずさまざまな環境で活躍するという。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る