旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

折りたたみスマホ「motorola razr 5G」がついに日本上陸。ソフトバンクから

2021年03月04日11時00分 / 提供:マイナビニュース

モトローラから、折りたたみ5Gスマートフォン「motorola razr 5G」の国内での取り扱いが発表されました。ソフトバンクから発売されます。ソフトバンク版の価格は税込198,000円で、「トクするサポート+」適用時の実質支払額が99,000円。3月5日から予約受付が開始されます。

○6.2インチ画面を折りたためる注目スマホ

「motorola razr」という名前は、2000年代に一世を風靡した、スリムな折りたたみケータイの代名詞ともいえる人気シリーズ、「RAZR」から受け継がれたものです。スマートフォンの時代になってからも、同シリーズ名を冠したモデルはリリースされてきましたが、往年のユーザーの中には「やっぱりRAZRといえば折りたたみ」というイメージが、根強くあったのではないかと思います。

そのRAZRがいよいよ、折りたたみスマートフォン「motorola razr 5G」となって日本でも発売されます。グローバルでは、昨年9月に発表済みのモデルですが、一昨年の11月にグローバル発表された前モデルの「motorola razr」は、結局日本では未発売だったので、待望の日本上陸といえます。

筆者は昨年の「CES2020」で前モデルに触れ、今回もひと足早く「motorola razr 5G」に触れましたが、前モデルからさらにブラッシュアップされ、洗練された印象を受けました。

たとえばデザインには、「RAZR」の特徴である滑らかな曲線が活かされています。同じ縦折りの折りたたみスマーフォンである「Galaxy Z Flip 5G」が、板を2枚重ねたコンパクトミラーのような形状なのに対し、「motorola razr 5G」は横から見ると下側の板がL字になっていて、上の板がぴったりと収まる形状になっています。この凹凸がカチッとハマる感じの折りたたみ方は、まさしく「RAZR」から受け継がれたもの。また開くときも「RAZR」と同じく、片手でロックを外して振って開くという開き方ができます。

○精巧なヒンジで画面を「曲げ」て収納

折りたたみを開くと、は6.2インチ(HD+、2142x876ドット)の大画面ディスプレイが現れます。実は前モデルではディスプレイの折り目が少々気になったのですが、筆者が見た限りではその点も改善されていて、通常の大画面スマホとしてまったく違和感なく使えます。

閉じた前面には2.7インチ(SD、800×600ドット)のサブディスプレイ「クイックビューディスプレイ」があり、折りたたみを開くことなく、電話の受発信やメッセージのチェック、地図の表示、音楽再生から文字入力、簡単なゲームまで、いろいろな操作ができます。中でも筆者がこれは便利かもと感じたのは、ソフトバンクが販売する端末らしく、このサブディスプレイでPayPay決済ができること。レジ前で折りたたみを開いて、アプリを起動して……ともたもたすることなく、スムーズに支払いができそうです。

閉じた状態だと、筆者の手でも余裕で画面の端まで親指が届くので、無理なく片手操作ができるのもうれしいポイント。さらに4,800万画素のメインカメラを使ってセルフィーが撮れます。

折りたたみを開くと2,000万画素のインカメラもありますが、「motorola razr 5G」は開くか閉じるかのどちらかしか動作しない仕様で、「Galaxy Z Flip 5G」のようにL字型の状態で置いて使うことは想定されていないようです。そんなわけでもしビデオ通話をする場合は、通常のスマートフォンと同様に別途スタンドが必要になります。
○「Moto Action」ジェスチャーにも対応

メインカメラはレンズがひとつですが、F値1.7と明るく、光学式手ぶれ補正も備わっています。ポートレートモード、ナイトビジョンのほか、モトローラのスマートフォンではおなじみになりつつある、スポットカラーやシネマグラフといったエフェクトも楽しめ、動画では4K、30fp撮影が可能。手首をひねって2回振るとカメラが起動するなど、これもモトローラのスマートフォンではおなじみの「Moto Action」も利用できます。

チップセットにはQualcomm Snapdragon 765Gを採用し、8GBメモリー、256GBのストレージを搭載。バッテリーは2,800mAhで5G対応(ミリ波には非対応)と、スペックに不足はありませんが、一方で、筆者が唯一残念に感じたのは底面に1つだけのスピーカー。また、おサイフケータイには対応していません。以前ソフトバンクから発売された「MOTOROLA RAZR M」はおサイフケータイ対応だったのですが、今はPayPayが使えるから……ということかもしれません。

モトローラはここ数年、SIMフリー市場に向けにお手頃価格のミッドレンジモデルを中心に展開してきましたが、「motorola razr 5G」は日本向けに初めて投入する、5G対応のプレミアムモデルと位置づけられています。ソフトバンクでの取り扱いも「MOTOROLA RAZR M」以来約9年ぶりとあって、かなり気合いの入った一台であることは間違いありません。

ソフトバンク版の発売にあたって、先着1000名にBEAMSデザインのTシャツがプレゼントされるキャンペーンも用意されています。Tシャツの胸ポケットは「motorola razr 5G」がぴったり収まる仕様とのこと。ちなみに胸ポケットは迷彩柄なのですが、この柄は1998年にBEAMSがモトローラ製のPHSデジタルコードレスホンをカスタムペイントしたときのデザインがモチーフという、かなりのマニアックぶり。往年のモトローラ、「RAZR」ファンからは垂涎の的となるかもしれません。

なおソフトバンクからは「motorola razr 5G」だけでなく、モトローラの親会社であるレノボのディスプレイが折りたためるモバイルPC「ThinkPad X1 Fold」も発売予定。「トクするサポート+」も適用され、実質支払額20万1240円で入手できるとのことで、こちらも注目を集めそうです。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る