旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

日本は2021年秋! ボルボの新型車「C40」はネット販売のピュアEV

2021年03月03日12時28分 / 提供:マイナビニュース

2030年までには電気自動車(EV)専売メーカーになると宣言したボルボ。今度の新型車「C40」は、オンラインのみで販売するクロスオーバーSUVタイプのピュアEVだ。日本でも2021年秋に発売予定のC40について、現時点で判明していることをまとめた。

○ボルボ初となるEV専用モデルが登場!

ボルボ本社は3月2日、新しい電動化戦略を発表した。2025年にはラインアップの半分、2030年には全部をピュアEVにするという野心的な計画だ。

日本では2025年までに35%、2030年までに100%のEV比率を達成したいという。具体的には、2025年の段階で、年間販売目標2万5,000台のうち、約35%となる9,000台弱のEV販売を目指すことになる。

電動化戦略の先駆けとなるのが、日本には2021年秋に導入予定の新型車「C40」だ。現地での発表によるとSUV「XC40」の兄弟車という位置づけのようだが、全高はXC40よりも低く、ルーフラインも兄弟よりシャープになるそうだ。これまでの発表から判明しているC40の概要は以下の通り

■ボルボの新型車「C40」の概要
・ボルボ初となるEV専用モデルとして設計
・現状のラインアップである「S」「V」「XC」とはボディタイプが異なるクロスオーバータイプのSUV。フロントデザインも新しいものを採用
・フロントとリアのツインモーター
・Googleと共同開発のAndroidオペレーティングシステムを採用
・バッテリーは78kWh、約40分で80%までの急速充電が可能
・フル充電での航続可能距離は約420キロだが、発売後も通信でソフトウェアをアップデートして距離を改善していく
・ボルボは動物保護にも注力、C40と今後の全てのピュアEVは100%レザーフリーになる

ボルボでは今後、EVの販売を100%オンラインにする方針だが、日本に導入する最初の100台については新しいサブスクリプションのプランを用意するそうだ。具体的な内容は不明だが、3カ月での解約も可能な自由度の高いプランを計画しているという。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る