旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

日本エイサー、『Dota 2』と『PUBG』のeスポーツ大会「Predator League 2020/21」開催

2021年03月02日19時02分 / 提供:マイナビニュース

日本エイサーは、eスポーツトーナメント「Asia Pacific Predator League 2020/21 Grand Finals(アジア・パシフィック プレデターリーグ 2020/21 グランドファイナルズ、以下Predator League 2020/21」を、オンラインで開催する。期間は2021年4月6日から4月11日まで。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて2020年2月に開催延期を発表した「Predator League 2020」は、今回、参加する各国・各地域の状況や、選手および関係者の安全を最優先し、フィリピン・マニラでの開催を中止。オンラインで開催することを決めた。

オンライン開催に伴い、「Predator League 2020/21」では、参加する各国・各地域からのチームが4つのサブトーナメントに分かれて試合を実施する。なお、2020年販売済みの「Predator League 2020」トーナメント観戦チケットは払い戻しを行う。

「Predator League 2020/21」の採用ゲームタイトルは、『Dota 2』および『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)』の2つ。「Asia Pacific Predator League 2020/21 Grand Finals Dota 2 Asia」「Asia Pacific Predator League 2020/21 Grand Finals Dota 2 APAC」「Asia Pacific Predator League 2020/21 Grand Finals PUBG Asia」「Asia Pacific Predator League 2020/21 Grand Finals PUBG APAC」の4つのサブトーナメントで構成される。

Predator League 2020/21 PUBG Asiaには、日本4チーム、韓国4チーム、チャイニーズタイペイ4チーム、香港、マカオから4チーム、合計16チームが出場する。日本から出場するのは「DetonatioN Gamig White」「Rascal Jester」「ENTER FORCE.36」「SunSister」の4チームだ。

開催日は2021年4月6日、7日、10日を予定。トーナメント開催に合わせて、「Predator League 2020/21 PUBG Asia」の日本語配信を行う。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る