旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

MAN WITH A MISSION、「胸ガ熱クナリ涙ガ…」田中圭主演映画の挿入歌担当

2021年03月01日04時00分 / 提供:マイナビニュース

ロックバンドグループ・MAN WITH A MISSIONが、俳優の田中圭主演の映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』(5月7日公開)の挿入歌を担当することが1日、明らかになった。

同作は1998年長野五輪、スキージャンプ団体の金メダルを陰で支えた25人のテストジャンパーたちの知られざる感動秘話を映画化する。腰の故障により代表落選となったスキージャンパーの西方仁也(田中)が、競技前にジャンプ台に危険がないかを確かめ、競技中に雪が降った際には何度も飛んでジャンプ台の雪を踏み固めるテストジャンパーとなり、裏方から日本選手団を支えていく。

挿入歌の解禁とあわせ、本楽曲を使用した挿入歌特別映像も公開。実際の白馬ジャンプ台での撮影の様子や空サッツの練習風景、本編には 納められなかったキャストたちのオフショットも映し出され、撮影裏での和気あいあいとした様子に注目となっている。

さらに、ムビチケ前売券が12日に発売決定。ムビチケカード型前売券のビジュアルには主演の田中が演じる西方仁也の決意に満ちた表情が印象的に描かれている。
○MAN WITH A MISSION Kamikaze Boy(Bass、Cho) コメント

『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』ノ脚本ヲ読マセテ頂イタ時ニ、胸ガ熱クナリ涙ガ溢レ出テ来タノヲ今デモヨク覚エテイマス。
コノ素晴ラシイ映画ヲヨリ大キナ感動ト共ニ皆サマニ届ケルタメ、
心ヲ込メテコノ「Perfect Clarity」トイウ楽曲ヲ制作シマシタ。
主人公ノ西方ガ新タナル人生ヘト踏ミ出ス、大キナJUMPガ、皆様ノ心ヘト届キマス様ニ。
○企画プロデュース 平野隆コメント

この映画の主人公達は、オリンピック代表に「選ばれなかった」25人のスキージャンパーです。
彼等は代表を目指し必死に努力しましたが、オリンピックにはテストジャンパーという裏方として参加することになります。
しかし決戦当日、予期せぬアクシデントにより彼等は金メダル獲得へのキーマンとなっていくのです。
そんな彼等のテーマソングを作りたいと思い、魂を鼓舞する楽曲ならばこの人達しかいないとオファーさせていただきました。
MAN WITH A MISSIONの音楽からはいつも強いパッションを感じていたからです。
「Perfect Clarity」は高らかに誇り高く、「舞台裏の英雄たち」にエールを送る熱い楽曲に仕上げていただきました。
「Perfect Clarity」とともに映画のクライマックスのシーンを見て頂ければ、きっと皆さんも気づかれると思います。
選ばれなかったはずの彼らが、実は「選ばれた」25人だったことに。

(C)2021映画『ヒノマルソウル』製作委員会 (C)Sony Music Labels

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る