旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

「ガンダム」ALPHAコラボMA-1にジョニー・ライデン、シン・マツナガ、「08小隊」が登場

2021年02月26日19時26分 / 提供:マイナビニュース

「機動戦士ガンダム」の世界観を取り入れたアパレルショップ「STRICT-G」より、ミリタリーファッションブランド"ALPHA INDUSTRIES(アルファ インダストリーズ)"とコラボした新アイテムが登場。『機動戦士ガンダム』とコラボした「LIGHT MA-1(ジョニー・ライデンモデル/シン・マツナガモデル」(各35,200円/税込)2種 、および『機動戦士ガンダム 第 08MS 小隊』コラボによる「LIGHT MA-1 COTTON(第 08 小隊モデル)」(各33,000円/税込)1種を、2021年2月28日から発売する。店頭販売に先駆け、バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」では先行予約がスタートしている。

「『機動戦士ガンダム』LIGHT MA-1」は、「ジョニー・ライデン」モデルと「シン・マツナガ」モデルの2型で登場。「LIGHT MA-1」は1945年にA-2の後継として登場、MA-1ジャケットの中綿を取り除いたライトゾーン用のフライトジャケットL-2Bを、現代風のスタイリングにモディファイした、すっきりしたシルエットになっている。程よくツヤを抑えた上品な素材感と、薄手で羽織りやすいライトな着心地となっている。

『機動戦士ガンダム』の『モビルスーツバリエーション』(MSV)設定で登場したジオン公国軍突撃機動軍所属のエース・パイロット、"真紅の稲妻"という異名を持つ、「ジョニー・ライデン」モデルは、フロント左右、左袖に付いた、部隊関連エンブレムパッチがガンダムの世界感を演出、ミリタリー感溢れるデザインとなっている。加えて、背中内側には、ジョニー・ライデンのパーソナルマークがプリントされている。

『機動戦士ガンダム』の『モビルスーツバリエーション』(MSV)設定で登場したジオン公国軍のMSパイロット、『白狼』、『ソロモンの白狼』の異名を持つ、「シン・マツナガ」モデルは、フロント左右、左袖に付いた、部隊関連エンブレムパッチがガンダムの世界感を演出、ミリタリー感溢れるデザイン。背中内側には、WHITE WOLF のエンブレムマークをプリント。

「LIGHT MA-1 COTTON」は、1945年にA-2の後継として登場、MA-1ジャケットの中綿を取り除いたライトゾーン用のフライトジャケットL-2Bを、現代風のスタイリングにモディファイした、すっきりしたシルエットのモデルをベースにしており、コットン素材の薄手で羽織りやすいライトな着心地となっている。

「第08小隊」モデルは、フロント左右、左袖に付いた、部隊関連エンブレムパッチがガンダムの世界感を演出、ミリタリー感溢れるデザインとなっている。また、左袖地球連邦軍のサガラ刺繍(パイル状に埋められたボリューム感のある刺繍)ワッペンは、面ファスナー仕様にて、取り外しが可能、本体をリバーシブルにて着用した際に、右胸の面ファスナーに取り付ける事ができる。

(C)創通・サンライズ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る