旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

「mouse C1」を試す - 4万円台で買える11.6型モバイルノートPCの実力検証

2021年03月02日15時34分 / 提供:マイナビニュース

マウスコンピューターは税別で約4.5万円の11.6型モバイルノートPC「mouse C1」を発売した。CPUにはCeleronプロセッサを採用しているので正直パフォーマンスはそこそこだが、コストパフォーマンスを最重要視するなら魅力的。初めてのノートPC、はたまたスペックをわかっている方のサブノートPCとしてもってこいのモデルだ。今回マウスコンピューターより実機を借用したので、使い勝手にスポットを当ててレビューしよう。

○税別4万円切りの「mouse C1-E」もラインナップ

mouse C1はOSにWindows 10 Home 64ビット、CPUにIntel Celeron N4100(4コア4スレッド、1.10~2.40GHz)を採用。メモリは8GB、ストレージは256GBを搭載している。

ディスプレイは11.6型HDノングレア(LEDバックライト、1,366×768ドット)を搭載。HDMI端子に外部ディスプレイを接続すれば、最大4K(3,840×2,160ドット)出力が可能だ。

インタフェースは、USB Type-A 3.0(左側面×1、右側面×1)、USB 2.0(右側面×1)、HDMI(左側面×1)、D-Sub(左側面×1)、SDメモリカードリーダ(右側面×1)、マイク入力(左側面×1)、ヘッドフォン出力(左側面×1)、ギガビット(10/100/1000)LAN×1(右側面×1)を装備。通信機能はIEEE 802.11 ac/a/b/g/n対応無線LAN(最大433Mbps対応)とBluetooth 5をサポートする。

本体サイズは292.4×206.5×24.5mm、重量は約1.2kg。脱着可能な31Whのバッテリを採用しており、バッテリ駆動時間は約7.5時間とされている。

なお本製品はメモリを増設できないが、ストレージはカスタマイズ購入時に512GBに変更可能。また、Windows 10 Home(Sモード)64ビット/メモリ4GB/ストレージ128GBと基本構成を変更した「mouse C1-E」(39,800円)もラインナップされている。Sモードは解除可能なので、とにかく安く購入したいのならこちらがお勧めだ。

○外部ディスプレイに接続すれば最大4K表示が可能

mouse C1は11.6型HDノングレア(LEDバックライト、1,366×768ドット)ディスプレイを搭載している。解像度は1,366×768ドットと低めだが、ディスプレイのスケーリングをデフォルトの100%に設定していれば、文字のジャギー(ギザギザ)はやや目立つものの、特に不自由はないと思う。高解像度が必要な場合は外部ディスプレイを接続しよう。D-Sub端子なら最大フルHD(1,920×1,080ドット)、HDMI端子なら最大4K(3,840×2,160ドット)で映像出力可能だ。

なお本製品のディスプレイは上下の視野角が狭め。左右の視野角は上下ほど狭くないので、ディスプレイの角度を調整すれば実用上問題はないが、本製品の特徴として覚えておこう。

○アイソレーションキーボード採用のおかげで押し間違いしにくい

本製品のキーボードは87キーの日本語仕様。キーピッチは約17.43mm、キーストロークは約1.7mmと前者はやや狭めだが、キーとキーの間にすき間のあるアイソレーションキーボードが採用されているので、意外に誤入力は起こりにくい。ただしキーボードバックライトは内蔵されていないので、暗い環境で利用するためには携帯用ライトを用意するか、タッチタイピングをマスターする必要がある。

タッチパッドは実測約84×43mm(クリックボタンを除く)と少しコンパクトだが横に広いので、3本指ジェスチャーも無理なく操作できる。ピンチイン・ピンチアウト操作も横方向に動かすように心がければ、特に不自由はないはずだ。また、クリックボタンは確実に操作できるように分離式が採用されている。クリックボタンのストロークは浅めなので、押したときに指がずれてほかのボタンを押してしまう心配も少ない。

もちろん13型以上のノートPCなどと比べると、キーボードもタッチパッドも物理的には狭い。しかしUMPと比べればキー配置ははるかに素直。タイピングゲームなどで少し練習すれば、フルサイズキーボードの7~8割ぐらいの速度で操作できるようになるはずだ。

○気になるベンチマークスコアをチェック

最後にパフォーマンスをチェックしてみよう。今回は、総合ベンチマーク「PCMark 10 v2.1.2506」、3Dベンチマーク「3DMark v2.16.7117」、CPUベンチマーク「CINEBENCH R15」、ストレージベンチマーク「CrystalDiskMark 8.0.1」を実施してみた。下記がその結果だ。

○バッテリを複数本用意すればバッテリ駆動時間をいくらでも延長可能!

mouse C1のパフォーマンスは決して高くない。直近でレビューしたマウスコンピューター製17.3型ノートPC「mouse F7」(「Core i5-1035G1」搭載)がPCMark 10の総合スコアで3399を記録しているので、mouse C1はその約51%のスコアということになる。しかし、その一方でバッテリーベンチマーク「PCMark 10 Modern Office Battery Life」は、ディスプレイ輝度40%という条件で7時間6分動作した。

mouse C1は292.4×206.5×24.5mm、約1.2kgと比較的コンパクト&軽量なマシンだ。しかもバッテリを交換すれば、ACアダプターレスで利用できる時間をいくらでも延長できる。モバイルバッテリを接続すればノートPCの駆動時間を延長できるが、本体バッテリを交換できれば取り回しやすさという点で大きなアドバンテージがある。低価格が注目されがちなmouse C1だが、エントリーノートPCとしてはもちろん、セカンドマシンや、モバイル用途にももってこいの一台と言えよう。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る