旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

9,800円でハイブリッドNC/35時間再生、ag初のヘッドホン「WHP01K」

2021年02月26日12時00分 / 提供:マイナビニュース

finalは、自社ブランド「ag(エージー)」のワイヤレスヘッドホン「WHP01K」を3月5日に発売する。ハイブリッド式のノイズキャンセリング(NC)機能を搭載し、低遅延なaptX LLコーデックにも対応。価格は9,800円。カラーはBLACK、DARK GRAY、CREAMの3色。

agブランド初のヘッドホンで、“マニアのサブ機としてふさわしい音質”を目指したKシリーズの製品。ハイブリッドNC機能を備え、ハウジングの外側と内側のマイクで周囲の騒音を集めて低減し、「静寂な空間で音楽をじっくり楽しめる」とする。NC機能は単体で使うこともできる。ハンズフリー通話にも対応し、NC機能と組み合わせることで、外音をシャットアウトしながらクリアに相手の声を聞き取れるとする。

オーディオブランドfinalが音質を全面監修しており、ドライバーの音響特性を徹底的に追求して「Bluetoothに起因する、高音域の気になる部分のみをイコライザーで補正し、マニアでも十分に満足できる音質とノイズキャンセリング性能を両立した」という。

クアルコムのBluetooth SoC「QCC3008」を搭載し、Bluetooth 5.0に準拠。コーデックはAACに加え、低遅延なaptX LLもサポートし、ゲームや動画も快適に楽しめるとする。マルチポイント接続も可能で、PCやスマホなど複数の機器と同時接続したまま、用途に合わせて切り替えて使える。

ハウジングが上下左右に柔軟に回転する「マルチフィットハウジング機構」で装着感を高めており、スキマができやすい耳の後ろ側にもフィット。「低音がしっかりと聞こえる迫力のあるサウンドになる」としており、音漏れも防止する。低反発イヤーパッドを採用し、長時間使用でも疲れにくい設計とした。

本体は複数の異なる素材を採用しつつ、一体となったデザインとなるようにしており、表面はマット仕上げで皮脂や指紋が付きにくくした。また、ヘッドバンド部を折りたたんでコンパクトに収納できる。

連続再生時間は最大35時間(NCオフ時)で、NCオン時は25時間再生可能。充電が切れても、付属のケーブルを接続して有線ヘッドホンとしても使える。USB Type C充電ケーブル、3.5mm有線接続ケーブル、専用ポーチが付属する。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る