旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ベテラン社員が知らない、若手だからわかるビジネスノウハウ 第7回 ビジネス書は10分で理解!必要な書籍は読む前に判断するべき

2021年02月26日11時14分 / 提供:マイナビニュース

私は現在新卒でWeb系のベンチャー企業に入り、4年目になりました。現在マーケティングとお客様への提案活動をメインに行っております。そんな4年目の自分が実践して「これは、本当にいい!」と思ったビジネスの方法などをお伝えしていきます。

今回は、普段の読書の仕方を見直すノウハウを取り上げます。これによって、短時間で読書の目的が達成できるはずです。
日本人は約半数が読書をしていない

皆さんは本をどのくらい読んでいますか?

「日本人は本を読まない」とよく言われますが、文化庁の「平成30年度「国語に関する世論調査」の結果について」というデータを見ると、1カ月のうち、47.3%が「読まない」と回答をしています。有効回答数は、調査対象の全国16歳以上の男女3590人のうち、1960人となりますが、回答者の約半数の人が本をまったく読んでいないという現実がわかりました。

また、「読書量を増やしたいと思うか」という質問に対し、「そう思う」と答えた人は約60%で、「そうは思わない」と答えた人は約40%という結果も出ています。当然かなり本を読んでいる人や、まったく本に興味がない人もいるので、「そうは思わない」の割合もそれなりにいますが、半数以上の人が読書をもっとしたいと答えていることになります。
なぜ、読書をしたいのにできないのか

ビジネスの成功者たちの多くが、本をたくさん読んでいる傾向にあることは有名ですね。特に会社の経営層に近い人たちと話をする際、最近話題の書籍や長年のベストセラーとなっている書籍が話題に上がることも多いと思います。

しかし、重要性も意欲もあるにもかかわらず、なかなか読書が進まない人が多いのは、読書時間が取れないからですよね。現代人はとても忙しく過ごしていますから。そういう場合は、1日のうち、本を読む時間を固定化して、30分~1時間程度確保しておくことをおすすめします。

といっても、「そんなことができたら苦労しないよ!」という声が聞こえてきそうです。そこで今回は、読みたい書籍を10分で理解できる方法をお伝えします。
flierで超効率的な読書を

それは、flier(フライヤー)というサービスを使うことです。flierは、「ビジネスパーソンが今読むべき本」を選んで、その本に対して専門の人が要約を作成しています。「贅沢な立ち読み」ができるサービスです。

flierを利用するにあたっては会員登録が必要ですが、無料でもある程度の書籍の要約を閲覧できます。書籍のカテゴリも、スキルアップやマネジメント、経営戦略、企業、マーケティング、グローバル、政治経済、テクノロジーなどさまざまです。

そしてWebでの閲覧はもちろん、スマートフォンアプリでのチェックも可能です。個人的な感想ですが、Webよりもスマートフォンアプリのほうが圧倒的に使いやすいので、アプリで利用してみることをおすすめします。

普段手に取らないようなジャンルの書籍でも10分程度で確認ができるのでつい読んでしまい、それにより自分の中の幅が広がります。これぞまさに、「贅沢な立ち読み」です。

flierの活用方法

私なりのflierの使い方ですが、読みたい本があった時にまずはこのflierで探してみます。そして、要約があった場合はそこを読んで内容を理解・把握します。その上で、「しっかり読んでみたい」と思えた書籍だけを購入するようにしています。

書籍の要約は1冊当たり10分ほどで読むことができますし、自分よりベースの知識がある人がかみ砕いてまとめてくれているので、いきなり書籍を買って読み出すよりも短時間で理解も深まります。

書籍を買ったこと、読んだことに満足して、翌日には内容をほぼ覚えていないということでは、貴重な時間を使って書籍を読んだのに時間の無駄でしかありません。

また、読書は、自分が必要な部分だけ読めばそれでいいものですが、どうしても最初からしっかり読みがちです。そう言った「本は特別なもの」という考えは自分も持っていたのですが、意識して捨てるようにしています。本は、自分の得たい知識を得るためにあるもので、それが得られたら役目を終えるのです。であれば、要約を頭に入れながら書籍を読むというほうが100倍効率的です。

flierで要約を読んだ上で、購入してまで読もうと思う書籍は、正直1割~2割くらいですので、お財布にも時間にもとても親切なサービスだと感じています。

flierであれば、まず要約を見ることで本当に自分が知りたい知識が書いてあるのか、どの程度書いてあるのかを10分で判断できますので、現代のビジネスパーソンにピッタリのサービスと思って私も使っています。

無料のフリープランは、無料で読める要約コンテンツの利用となっていますが、有料プランにすれば、要約が読み放題です。
最後に

読書は、単に時間をかければいいというものでも、難しい本をたくさん読んでいればいいということでもないと私は思っています。特にビジネス書は、自分にとっての興味や知りたいことが先にあって、そこに対しての書籍なりの答えを探していくという流れになりますよね。

flierを使うことで、本当に自分が知りたいことが書いてあるのか、読んでみたいと思うかをまず把握することで、読書の質が圧倒的に向上していきます。また、10分で理解できるという点と、非常に多くのジャンルの本の要約を見ることができるため、普段では読まないような書籍をちらっと見てみて、新しいインスピレーションを得ることもできます。

ぜひ一度使ってみることをおすすめします。次回もノウハウをお話していきますので、お楽しみに!

著者プロフィール

○穂苅智哉
プライム・ストラテジー株式会社 マーケッター

大学卒業後、2016年4月から新卒としてプライム・ストラテジー株式会社に入社。
Webサイト構築や超高速CMS実行環境『KUSANAGI』を使ったサーバー保守を提案しお客様の課題解決に従事。
コンサルタントとして提案から進行を経て、マーケティング部に異動。マーケッターとして、デジタルマーケティングや広告運用、イベントの登壇、コラム執筆などを行っている。

モットーは「あらゆることに興味をもち、原理原則を理解し、主体的に今を全力で生きる」

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る