旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

富士通、AIが患者のリハビリ動画から肩と肘の関節可動域を自動測定する製品

2021年02月24日12時21分 / 提供:マイナビニュース

富士通は2月24日、AIを活用し患者のリハビリテーションの動画から肩と肘の関節可動域を自動測定する「FUJITSU ヘルスケアソリューション HOPE ROMREC」を、同日から販売開始したこと発表した。提供開始は3月5日。

「HOPE ROMREC」は、リハビリテーションおよび整形外科に関わる病院やクリニックなどの医療施設を支援するソリューション。複数のAI画像認識モデルで構成する当社開発の画像分析AIエンジンにより、タブレット端末を用いて撮影したリハビリテーション動画から3次元骨格を推定することで、患者の肩と肘の角度を自動測定および記録し、可視化するものだ。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る