旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

仕事が早くて「生産性を上げられる人」の習慣 /放送作家、戦略的PRコンサルタント・野呂エイシロウ

2021年02月24日07時30分 / 提供:マイナビニュース

公益財団法人日本生産性本部の発表によれば、2019年における日本の時間あたりの労働生産性は47.9ドル。これはOECD(経済協力開発機構)加盟37カ国中21位の数字です。さらに、アメリカ、ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、カナダ、日本からなる主要先進7カ国に限れば、データの取得が可能な1970年以降、最下位という状況が続いています。

生産性向上は、日本のビジネスパーソンにとって長きにわたる大きな課題なのです。生産性を上げる、すなわち仕事を早めるためにはどうすべきでしょうか。戦略的PRコンサルタントとして数々の一流企業のPRを手がけ、それこそバリバリとスピーディーに仕事を進める野呂エイシロウさんに、若手ビジネスパーソンに向けたアドバイスをしてもらいました。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る