旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

稲垣吾郎、自身のパブリックイメージを語る「僕はそこを楽しんでる」

2021年02月18日17時00分 / 提供:マイナビニュース

元SMAPの稲垣吾郎が、22日発売の『JUNON』4月号(主婦と生活社)に登場する。

4月号ということで、トークテーマは「新生活を迎える方々へ向けて」。稲垣は、「第一印象を良くするには?」という問いに対して、「人に良く思ってもらうっていうのは難しいけど、自然体がいちばんいいんじゃないかな。ありのままの状態のほうが相手も自然体でいられてホッとするだろうからね」とアドバイスする。

また「僕らの場合だと、もともとのイメージがあるから、初めての職場で初対面でっていうのとはまた違ってきちゃうんだけど」と前置きしたうえで、「僕なんかはどっちかっていうとクールでしゃべらないとか、性格悪いイメージがあるから(笑)。やっぱりグループでやってきたときのパブリックイメージっていうのは払拭しきれない部分もあるしね(笑)。だからこうやって話したりすると、『意外としゃべるんですね』って言われたりするし、得なタイプですね(笑)。でも僕はそこを自分で楽しんでるかな」と自身の経験を振り返った。

同誌では、ヒョウ柄シャツに革ジャン、サングラスを身に着けた磯村勇斗や、板垣瑞生、板垣李光人による「ギャップ男子は正義!!」、小関裕太、長谷川慎(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)らの「イケメンとあったまる。」、黒羽麻璃央×一ノ瀬竜といったイケメンコンビが登場する「お兄ちゃんと弟くん」など特集が盛りだくさん。そのほか、赤楚衛二、吉沢亮、Da-iCE、超特急、DISH//、おいでやすこがも登場する。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る