旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

第40回ディスプレイ産業フォーラム 第3回 需給ひっ迫のFPD部材市場、ドライバIC不足は地域温度差あり

2021年02月18日07時30分 / 提供:マイナビニュース

英Omdia主催の「第40回ディスプレイ産業フォーラム」にて、FPD材料市場調査マネージャーの宇野匡氏が、2020年の新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大を振り返り、その影響でサプライチェーンの混乱が生じて各種FPD材料がひっ迫に至った過程を説明した。

2020年は、新型コロナの影響により人々の生活様式が変化することとなった。現在、ワクチンが開発され、一部の国では接種が開始されている一方で、第3波と呼ばれる新規感染者の増加も進行しており、まだまだ混乱の最中にある。新型コロナの終息には、ワクチン開発の成功によりある程度のめどは立ってきた状況であるが、まだ年単位での期間が必要と予測されるほか、新型コロナが終息したとしても、将来的には新たな未知のウイルスの発生が予測されるため、社会は未知のウィルスに対応できるように変化していかざるを得ない。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る