旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

「それもまた『私の人生』なのだ」と思えた『女の節目は両A面』

2021年02月18日11時00分 / 提供:マイナビニュース

どうにも昔から本を飛ばして読むことができない性分で、どんな本でも1ページ目からきっちり読む。本の必要な箇所だけを拾い読みして、ザクザクと知識を入れていくタイプの読み方には憧れるが、どうしても飛ばした部分が気になってしまって、頭に入ってこないのである。それゆえに、私は多読・速読ができない。限られた人生の時間内で読み逃す本は多いのだろうけれど、それが私なのだから仕方ない。

そういうわけで、『女の節目は両A面』を読むにあたって、私は生まれて初めて本を後ろから読んだ。初めて後ろから読み、真ん中まで読んだところで最初に戻り、今度は最初から真ん中まで順番に読んでいった。一体何を言っているのかと思うかもしれないが、この本がそういう特殊な作りになっているのだ。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る