旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ワッセイ・ソフトウェア、AI表情認識機能を備えたオンライン授業システム

2021年02月16日11時58分 / 提供:マイナビニュース

ワッセイ・ソフトウェア・テクノロジーは2月16日、イスラエルに本社を置く教育ソフトウェア開発企業、Radix Technologyのクラウド型オンライン授業・学習支援システム「TeacherView」の国内提供を、同日から開始したことを発表した。

TeacherViewは、OSやデバイスなどの環境を問わずオンラインでの双方向授業を簡単に実現するクラウドプラットフォーム。

オンライン授業に最適化されたビデオツールと授業支援ツールを一 体化し、生徒は先生の声と表情と画面を、先生は全員の表情と画面を確認しながら授業を進めることが可能。

カメラ映像をAIが解析して生徒の感情を8つのアイコンで表示するほか、「よそ見」を検知して強調表示する機能も搭載。これらの感情は集計され、生徒の理解度や集中度を客観的に分析できるという。

授業支援機能では、画面共有、挙手機能、個別・グループチャット、アンケート/クイズ機能、生徒が同時に書き込めるホワイトボード、生徒ブラウザ制御、画面ロック、クラウド上でのファイル共有などを搭載する。

価格はオープンで、参考価格は先生ライセンス(クラス数、生徒数無制限)が年額 3万5,000円(税別)。なお、30日間試用できる無料体験版が用意されており、導入前に機能や使い勝手の確認が可能だということだ。

同製品の国内提供開始を記念して、抽選で100名分の1年間先生ライセンス(1校10名まで)を無償提供するキャンペーンを実施している。詳細および応募はキャンペーン特設サイトを参照のこと(応募は教育機関に限られる)。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る