旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ゲノム解析をより高速かつ安価に、日本発半導体ベンチャーの挑戦

2021年02月16日09時30分 / 提供:マイナビニュース

1990年代から始まったヒトゲノム解析は、次世代シーケンサーの登場により、劇的にDNAの読み取り時間が高速化され、活用の範囲が広がり、医療現場での活用の道が開かれた。

しかし、DNAの読み取ち速度が5分ほどと高速化されても後段のデータ処理が現在でも1件あたり50分程度かかるため、1日あたりの全体の処理能力は9件ほどとゲノム解析の普及拡大を妨げる要因となっている。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る