旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

パナソニックの高級トースター「ビストロ NT-D700」レビュー、食パンも焼き芋もすばらしい仕上がり

2021年02月10日11時55分 / 提供:マイナビニュース

少し前まで、オーブントースターといえば電熱ヒーターで食材を加熱するだけの単純な調理家電でした。しかし、近年の高級食パンブームとともに「より美味しく焼ける」高機能トースターが注目されています。

2月1日発売のパナソニックのオーブントースター「ビストロ NT-D700」も、そんな高機能プレミアムオーブントースターです。価格はオープンですが、実勢推定市場価格は25,000円前後(税別)と、トースターとしてはなかなか強気な価格帯。NT-D700は普通のトースターとどこが違うのか、じっくり試してみました。

高機能トースターの多くは「食パンを美味しく焼くための特別な機能」を搭載しています。たとえば、高級トースターの先駆けとなった「BALMUDA The Toaster」は水蒸気を使ってもっちりサクサクの食感を再現していますし、三菱電機の「ブレッドオーブン」は密閉庫内でパンの水分を逃がしません。同じように、パナソニックのビストロ NT-D700は一般的な遠赤外線ヒーター×2本のほか、「近赤外線ヒーター」×1本を搭載しているのが特徴的です。しかも、7,200通りものトーストプログラムによって、食パンにあわせて3本のヒーターを最適にコントロールします。

こうした機能のほか、ビストロ NT-D700を試用して便利に感じたのが、加熱方法や加熱時間を自動的にコントロールする「自動メニュー」の優秀さ。一般的なトースターは加熱温度を低・中・高などから選択し、加熱時間を自分で選ぶ製品がほとんど。

一方でビストロ NT-D700は、「うすぎりトースト」「フランスパン」「フライあたため」など、加熱したい食材と焼き色の濃さ(5段階)を選択すれば、トースターが火力と加熱時間を自動的に設定してくれます。トーストは加熱時間をちょっと間違えると黒焦げになることがありますが、ビストロ NT-D700なら忙しい朝でもそんな失敗がまずないのです。

○食パンをトーストした実力は?

まずは、一般的な6枚切り食パンを「うすぎりトースト」メニューで。ここでチェックしたいのは焼き色のムラ。トースターは電熱ヒーターで食パンを焼く構造上、ヒーターの下部分だけ強く焼ける製品も多いのですが、ビストロ NT-D700は2枚とも全体的にムラなくキレイに焼けています。

試食してみると、表面はサクサクとしており、中はもっちりと水分が残っているのがわかります。トースト調理の実力はなかなかのもの。

○高級パンブームならではの悩みを専用メニューで解決

この数年は高級食パンブームとともに、パン本来の味が楽しめる「厚切り」食パンが人気ですが、厚切り食パンは冷凍保存するとトーストが難しいという難点がありました。冷凍した厚切りパンを中心まで温まるように加熱すると外側が焦げ、焼き色を重視するとパン中心が冷たいままになりがち。

そこでビストロ NT-D700は、冷凍食パン用の自動メニュー「冷凍うすぎりトースト」「冷凍あつぎりトースト」を用意しました。これら冷凍食パン用メニューでは、加熱の前段階に焦げない温度でパンの中心を解凍する工程があり、「焦げずに中心までアツアツ」に調理できます。

○背の高いフランスパンも焦げずにしっかり加熱!

新しく追加された「フランスパン」メニューにも驚き。フランスパンは食パンよりも背が高いものが多く、一般的なトースターだと上部が焦げてしまうことがありました。ビストロ NT-D700は頻繁にヒーターをオンオフすることで、パリッとした皮と、中心までしっかり温め、そして皮を焦がさないという3つのポイントをおさえています。

○驚きの美味しさになった「じっくり焼きいも」は超おすすめ

ビストロ NT-D700を購入したら、絶対に試してほしいのが焼きいも調理です。ビストロ NT-D700には普通の「焼きいも」メニューもあるのですが、「じっくり焼きいも」メニューも用意されています。トースターに焼きいも用のメニューが2種類あるというだけで、力の入れ方がわかりますね。

最初は「加熱方法を変更しただけで、本当に味が変わるんだろうか?」と半信半疑でしたが、両者の違いは一目瞭然。「じっくり焼きいも」で調理すると、甘みが飛び抜けて強くなります。とても同じサツマイモを調理したとは思えないほどの違いでした。

○手動メニューならケーキ作りまでできる優れもの

自動メニューが優秀なビストロ NT-D700ですが、もちろん手動での加熱にも対応しています。手動モードは、120℃~260℃の温度調節と、30秒~25分までの時間指定が可能です。

○毎日使うからこそ「失敗しない」安心感がうれしい

今まで我が家では、トースターを使用するときに「今日は6枚切り食パンが2枚だから4分くらい」「今日は冷凍保存した食パンだから30秒長めに加熱」など、経験と勘で焼き時間を決定していました。忙しい朝はなんとなくダイヤルを回してパンを焦がしてしまうことも……。

その点、ビストロ NT-D700は「メニューを選ぶ」「焼き色を5段階から選ぶ」の2アクションでベストな加熱をしてくれるので、調理の失敗がないという安心感があります。もちろん失敗しないだけではなく、トースト表面のパリッと感や内部のモチモチ感といった美味しさも、さすがプレミアムトースターと思わせるクオリティです。

購入前に必ずチェックしておきたいのは、2枚焼きトースターとしては奥行きが長いこと(本体サイズは幅34.1×奥行き32.8×高さ26.9cm)。直径20cm強のピザが焼けるというメリットもあるのですが、置き場所に注意です。使っているトースターを買い替える場合は、事前に設置スペースのチェックを忘れないようにしましょう。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る