旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

【首都圏版】借りて住みたい街ランキング! 第2位は大宮、第1位は?

2021年02月10日10時00分 / 提供:マイナビニュース

LIFULLは2月9日、「LIFULL HOME’S 住みたい街ランキング」に関する調査結果を発表。対象期間は2020年1月1日から2020年12月31日、不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」掲載物件のうち、問合せ件数の多かった駅名を集計。

○■借りて住みたい・買って住みたい街ランキング

首都圏版『借りて住みたい街ランキング』では、1位が「本厚木」(神奈川県)、2位が「大宮」(埼玉県)、3位が「葛西」(東京都)という結果に。昨年第1位の「池袋」(東京都)は5位となった。

首都圏版『買って住みたい街ランキング』では、1位が「勝どき」(東京都)、2位が「白金高輪」(東京都)、3位が「本厚木」(神奈川県)という結果に。
○賃貸選びは都心から"郊外"へ

「借りて住みたい街」については、コロナ禍におけるテレワークやオンライン授業の普及から、郊外であっても生活の質を保てる、暮らしやすい環境を求めるユーザーが増えているという。

今回本厚木が上位にとなった理由としても、都心部へのアクセスが便利な急行の停車駅である点や、賃貸数が豊富で相場が安定している点、レジャー施設が近郊にある点などが影響したと考えられるとのこと。

対照的に、前回まで4年連続1位であった「池袋」が5位に後退したことを始めとして「川崎」(3位→10位)、「三軒茶屋」(6位→16位)、「吉祥寺」(9位→18位)など、都心周辺の人気エリアが軒並みランクダウン。賃料が高いことが大きな要因になっているという。
○買って住みたい街の需要は"二極化"の傾向に

「買って住みたい街」については、新型コロナウイルス終息後を見据えた利便性や資産価値、職住近接需要により都心が人気を集める一方で、テレワークの影響から、都心部暮らしの必要性が薄れたことなどによる郊外の需要も活性化しているという。

なお、近畿圏版・中部圏版・九州圏版は下記の通りとなっている。
○【中部圏版】借りて住みたい・買って住みたい街ランキング

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る