旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

スポットCM回復傾向、番組制作費削減続く 民放キー局第3四半期決算

2021年02月09日17時58分 / 提供:マイナビニュース

民放キー5局(日本テレビ放送網、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビジョン)の2020年度第3四半期決算(20年4~12月)が9日、出そろった。

新型コロナウイルスによる影響でCM収入が減少し、厳しい状況となっているが、東京地区のスポットCMが10月と12月で前年を上回るなど回復を見せ、番組制作費の削減も継続していることから、各局で中間決算(4~9月)に比べ前年同期比の減収・減益幅が縮小した。特に、中間決算で営業赤字だったテレビ朝日とTBSテレビは、今回黒字を確保している。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る