旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

「職場にハラスメントがある」は39.7% - 在宅勤務ならではのものとは?

2021年02月08日09時23分 / 提供:マイナビニュース

メンタルヘルステクノロジーズは2月5日、「企業のハラスメント」に関する調査結果を発表した。調査は2020年12月22日~29日、全国の会社員男女718名(男性308名、女性410名)を対象にインターネットで行われた。

「あなたの会社や部署の中で、ハラスメントがあると感じますか?」と質問したところ、39.7%が「感じる」と回答。その割合は、女性(37.6%)よりも男性(42.5%)の方が多かった。

具体的にどのようなハラスメントがあったかを聞くと、「自由な意見が言いにくい雰囲気を醸し出してくる」「上司の喜怒哀楽が激しい」「上席者が他の社員の前で特定の社員を叱りつける」「ボディタッチをされる」「女性に、次はいつ子どもを産むのかと、役員が顔を見るたびに言う」「妊娠中に切迫流産で休まなければいけなくなった時、妊娠は病気じゃないんだからと何度も言われた」「容姿に対する批判」などがあげられた。

次に、在宅勤務の導入状況について調べた結果、導入率は30.2%。「在宅勤務でも、ハラスメントはあると感じますか?」と質問したところ、30.0%が「感じる」と回答した。

具体的な内容としては、「チャット上でのいやがらせなど」「仕事をしていないと決めつけている」「勤務時間外のメールの一方的な送信、携帯電話への時間外電話」「『出社しなきゃ、仕事できないですよね?』と強要される、『いつ出社するんですか?』と電話がくる」「対面じゃないのをいいことにいつもよりふざけた発言がある」といった声が寄せられた。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る