旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

大谷亮平、『監察医 朝顔』の謎の男は“エンバーマー”だった

2021年02月08日07時00分 / 提供:マイナビニュース

俳優の大谷亮平が、フジテレビ系月9ドラマ『監察医 朝顔』(毎週月曜21:00~)で、“エンバーマー”役を演じていることが明らかになった。

第4話(20年11月23日放送)から登場し、謎の男としてたびたび人目を忍んで茶子(山口智子)と会っていた、大谷演じる若林。その正体は、特殊な処置で遺体を生前の姿に戻す“エンバーミング”のプロフェッショナルである“エンバーマー”だった。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る