旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ローランド、BOSSとSola Soundで共同開発したファズペダルを数量限定で発売

2021年02月05日20時45分 / 提供:マイナビニュース

ローランドは、BOSSブランドより、英Sola Soundブランドと共同開発したギター用コンパクトエフェクター「TB-2W」を2021年4月24日に発売する。価格はオープン。市場想定価格は税込で38,500円前後

「TB-2W」は、英国ロンドンの楽器店Macari’sのブランド、Sola Soundが販売していたファズペダル「Tone Bender Mk II」を再構築したギター用コンパクトエフェクターである。希少性が高く、個体差による音質への影響が大きいゲルマニウム・トランジスタを厳選の上、BOSSの品質基準に耐えうるもののみを採用。多くのギタリストに愛されたファズサウンドを再現する。

ファズペダルの多くは、駆動電圧の変動によってサウンドやレスポンスが変化するという特徴がある。音が変わる、安定しないというデメリットはあるものの、状況によって表情を変えるそのサウンドとニュアンスは大きな魅力の一つとなっている。「TB-2W」では、サウンドとレスポンスに影響を与える駆動電圧を、コントロール部に設けた「BATTERY」スイッチにより7V/9V/12Vの3タイプより選択可能にした。これにより、駆動電圧の違いによる独特のサウンドとレスポンスを楽しめるようになっている。またバイパスはトゥルー/バッファードの切替えが可能。セッティングに応じた選択ができる。

本製品は、BOSSブランドの「技クラフト・シリーズ」の最新モデルとして登場するが、ゲルマニウム・トランジスタの希少性から、数量限定生産品となる。サイズはW73×H59×D129mm。質量は430g(電池を含む)。本体のほか、アルカリ電池(9V形、本体に接続済み)、Tone Bender冊子などが付属する。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る