旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

川上麻衣子、志村けんさんの思い出やヌード写真のいきさつを語る

2021年02月05日17時00分 / 提供:マイナビニュース

女優の川上麻衣子が、あす6日に放送されるBS日テレのバラエティ番組『おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE』(毎週土曜21:00~)に出演する。

児童劇団を経て、14歳だった80年にNHKドラマ『絆』で女優デビューした川上。息の長い活躍も、駆け出しの頃は苦い思い出が多いという。『絆』では、吉岡秀隆と姉弟役で共演。当時9歳だった吉岡の天才ぶりと比較されて厳しい言葉も浴びたといい、「今でもあそこ(NHK)に行くと胃が痛くなる」とポロリ。出世作にもなった『3年B組 金八先生』では、恋人役を務めた沖田浩之のファンから、物騒な手紙が届いたこともあったそうだ。

そんな川上の初めての愛車は、20歳で手にした「アウトビアンキ A112」。小回りの利くイタリア車は、左ハンドルのマニュアル仕様。目黒通りでは、坂道発進に失敗し、あわや後ろの車と衝突のヒヤヒヤ体験もあったそうで、「あそこを通るたびにいまだにハラハラします」。久々にハンドルを握ると、「この車に会いたいとずっと思ってて」と、当時に思いをはせる。

インテリアデザイナーだった両親の留学先、スウェーデンで誕生した川上。一旦は帰国したものの、再び両親の仕事の都合で、9歳で再びスウェーデンに渡った。北欧文化に触れた少女時代の影響で、その後の愛車遍歴はスウェーデンの名車・サーブ一筋。21歳で買った「サーブ900」から「サーブ900ターボ」「サーブ900カブリオレ」と乗り継ぎ、「ターボ」には志村けんさんもよく乗せ、志村さんや仲間内で温泉旅行を楽しんだ思い出も。

番組では、志村さんと仲良しになるきっかけや、01年に発売された写真集にヌード写真を掲載することになった思わぬいきさつも告白。さらに、日活ロマンポルノ出演の裏話など、芸能生活の濃密さを示すエピソードを、惜しげもなく披露する。

(C)BS日テレ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る