旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

岩田剛典、サプライズで108本のバラを貰うも反応の薄さ指摘され…「1番つらいわ!」

2021年02月04日19時51分 / 提供:マイナビニュース

映画×dTVドラマ「名も無き世界のエンドロール」Wヒット記念舞台挨拶イベントが4日に都内で行われ、岩田剛典、松井愛莉、佐藤祐市監督が登場した。

同作は行成薫による小説の実写映画化作『名も無き世界のエンドロール』と、その後を描いたオリジナルドラマ。映画の公開と同日に、映像配信サービス「dTV」にて映画のその後を描いたドラマ(全3話)が配信されている。

イベントでは、登壇者と会場の観客が○×の札を持ち、質問に答えていくコーナーも。「付き合うならキダ(岩田)のような冷静沈着タイプ? マコト(新田真剣佑)のような猪突猛進タイプ?」という質問では、「○(キダタイプ)」という回答が多く、岩田も「僕も猪突猛進タイプでもないので、(マコトとは)テンションが合わなそうだな。生きるスピード感が違って、疲れちゃいますね」と見解を表す。一方「×(マコトタイプ)」を挙げた松井は「ごめんなさい」とキダを演じた岩谷誤りつつ、「冷静より、一緒にいてわいわいできる方が楽しいかなと思いました」と理由を明かした。

また、ドラマでキダ(岩田)はミチル(松井)のことを好きになったと思うか? という質問には、岩田が札を立てて○と×のハーフにするという裏技も。「シンパシーも感じるし、ヨッチの面影も感じる部分だったり、近づいていく様もあるんですけど、やっぱりキダにとっての"名も無き世界"は3人の世界だったので、それ以上のものを望むことがあるのかな? というのが演じてた自分にはあって。好意はあるけど、好きとかそういうことじゃないのかな」と説明する。松井もハーフという回答だったが、「ヨッチと重ねてるんじゃないかなと思って、好きにはなってない。でもミチルとしては好きになってほしいから、ハーフ。(ミチルは)最終的には好意は持ってました」と告白した。

最後に「サプライズでバラの花を贈ったことがあるか?」という質問には、なぜか会場も監督も松井も「○」で岩田のみ「×」という結果に。岩田は「すごいな……すがすがしいくらいに○ですね。あげるとしてもバラじゃないです!」と驚くが、実はこれは岩田に対するサプライズで、会場とスタッフを代表して松井が108本(とわ=永遠という意味)のバラを渡す。岩田は「すごいずっしり! 人生初ですね」と喜びつつ「だからみんな、○だったってこと!?」と驚き、佐藤監督は「ちょっとリアクションが薄かったね」とツッコミ。岩田は「いやいや、1番つらいわそれ!」と苦笑していた。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る