旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

キヤノン、「写真新世紀」の公募を開始 今回が最後の開催に

2021年02月03日18時00分 / 提供:マイナビニュース

キヤノンは2月3日、新人写真家の発掘/育成/支援を目的とした文化支援プロジェクト「写真新世紀」の2021年度(第44回公募)の募集を発表した。3月17日より開始する。写真新世紀の公募は、30周年の節目となる今回で終了となる。

写真新世紀は1991年からスタートし、今年で30周年を迎えた。今年度は、美術評論家の椹木野衣氏、写真評論家の清水穣氏など、国内外から7名の審査員を迎えて開催する。公募期間は3月17日から5月31日までで、6月に優秀賞選出審査会を開催し、優秀賞7名(組)と佳作14名(組)を選出。11月のグランプリ選出公開審査会でグランプリ1名(組)を決定する。

応募資格は国籍、年齢、経験(プロ/アマチュア)などを問わず、個人またはグループで応募可能。ただし、グループの場合は今後もグループでの活動を継続することが前提となる。応募作品は、過去にコンテストなどで入賞、または入選したことのないオリジナル作品に限り、応募者1名(組)につき1作品。応募は郵送のほか、オンラインによるデジタル作品でも可能。各賞と商品は以下の通り。
○グランプリ: 1名(組)優秀賞から選出

奨励金: 100万円(優秀賞奨励金20万円を含む)
副賞: キヤノン製品
2022年における個展開催の権利
優秀賞の全特典

○優秀賞: 7名(組)

奨励金: 各20万円
受賞作品展「写真新世紀展 2021」への出展
グランプリ選出公開審査会への参加
「写真新世紀誌」次号での紹介
「写真新世紀」ホームページでの紹介

○佳作: 14名(組)

奨励金:各3万円
受賞作品展「写真新世紀展 2021」への出展
「写真新世紀誌」次号での紹介
「写真新世紀」ホームページでの紹介

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る