旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

1月モバイルブラウザシェア、Safariが増加

2021年02月03日10時13分 / 提供:マイナビニュース

StatCounterから2021年1月のモバイルブラウザのシェアが発表された。2021年1月はChromeとOperaが減少し、SafariとSamsung Internetが増加した。

日本におけるシェアは次のとおり。Safariが増加し、ChromeとSamsung Internetが減少した。

世界的にはGoogle Chromeのシェアが6割を超えているが、日本ではSafariのシェアが6割を超えており、シェア構成が大きく異なっている。2位もそれぞれ逆で、世界はSafariが2割から3割、日本はChromeが3割といった構成になっている。日本は世界的に見てもiPhoneユーザーが多い国であり、そうした状況が高いSafariのシェアとして表れているものとみられる。

Statcounter Global Statsは、世界中の200万を超えるサイトに埋め込まれたトラッキングコードから、これらのサイトにおける月間100億を超えるページビューで使用されているブラウザ/オペレーティングシステム/画面解像度を分析したもの。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る