旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ヤフー、「100%電子サイン化」進捗状況を発表

2021年02月01日11時47分 / 提供:マイナビニュース

ヤフーは29日、同社が昨年5月に発表した民間取引先との契約手続き電子サイン化の進捗状況を発表した。2020年12月時点で73%の電子サイン化を達成している。同社が目標に掲げる民間取引先との契約における「100%電子サイン化」は、働き方改革やDXの一環として取り組むもので、新型コロナ影響の長期化が予想されはじめた昨年5月に発表している。

発表時には22%の電子サイン化率であったが、多様な契約種類の書式を電子化させ、取引先に電子化対応を案内するパンフレットを封入するなど地道な活動と取引企業の協力を仰ぎ、昨年12月末の段階で73%の進捗を達成。取引先の都合により、どうしても導入できない契約を除くと98%と目標の3月末を前にほぼ100%の電子サイン化を達成している。同社は、時間やコストの短縮、参照・検索性の向上など電子サインのメリットは大きいが契約手続きの電子サイン化には相手の協力が不可欠であることに触れ、取り組みに協力してくれた企業や事業者(公開了承の企業)を発表している。協力各社は以下の通り。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る