旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

岩田剛典・新田真剣佑・山田杏奈、制服姿で幼馴染高校生の青春ショット

2021年01月29日06時00分 / 提供:マイナビニュース

EXILE/三代目JSOULBROTHERSの岩田剛典が主演を務める、映画『名も無き世界のエンドロール』(2021年1月29日公開)の場面写真とメイキング映像が29日に公開された。

同作は行成薫による同名小説の実写映画化作。問題のある家庭で、淋しさを抱えて育ったキダ(岩田剛典)とマコト(新田真剣佑)。そこへ同じ境遇の転校生・ヨッチ(山田杏奈)もまじわり、少年期から成人まで、3人は支え合いながら生きてきた。だがある時、ヨッチは2人の前から突然消えてしまう。それから10年もの月日が流れ、キダとマコトは表と裏それぞれの世界を、死に物狂いでのし上がっていた。全ては、世界の片隅で生きてきた彼らとは住む世界の異なる「ある女性」にプロポーズをするため。しかし、実はそれは日本中をも巻き込んだ、ある壮大な計画だった。

今回公開されたのは、3人の幼馴染たちの青春時代を切り取った場面写真。美しい夕日を背景に、笑顔がはじける3人が仲睦まじく映った1枚となっている。キダとマコトの10年にも及ぶ壮大な計画の重要なカギを握るのがヨッチで、複雑な家庭環境で育ち、寂しさを抱えながらもお互いを支え合い生きてきた幼馴染のキダとマコトの2人に、転校生で同じ境遇のヨッチが加わり、3人の“小さな世界“の絆はより揺るがないものになった。「キダちゃんとマコトは、私にとっては本当に神様みたいに特別なんだよ」と語るほど、2人を大事に想っているヨッチの「大人になっても3人が変わらずお互いを大切に想い合えるように」という祈りが込められた重要な1枚となる。

また本シーンのメイキング映像も合わせて公開。ロケ地となったのは兵庫県・淡路島の海岸で、1日に数分しかない美しい夕日と重ねるため、入念なリハーサルを重ねた後、ほんの数分の間に撮影は行われた。メイキング映像では、夕日を待つキャストたちの様子や、佐藤監督のディレクションのもと、大急ぎで撮影に挑む様子など、撮影現場でのこだわりを垣間見ることができる。なお、映画館では本編のエンドロールの最後にも、ある“お楽しみ”が仕掛けられているという。

さらに、29日より映像配信サービス・dTVにてオリジナルドラマ『Re:名も無き世界のエンドロール ~Half a year later ~』(全3話)が、毎週1話ずつ独占配信開始となる。舞台は映画のラストから半年後の世界で、闇の交渉屋として生きるキダを中心に、幼なじみしか知らないはずのある言葉を放つ謎の女性との出会いをきっかけに自らの運命と対峙していく様を描く。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る