旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

時速360kmで走る「ALFA-X」で5G通信に成功。ドコモ、JR東日本ら共同実験

2021年01月28日16時22分 / 提供:マイナビニュース

NTTドコモ東日本旅客鉄道(JR東日本)は1月28日、新幹線試験電車「ALFA-X」による5G通信の実証実験において、国内最高速度の時速360kmでの通信に成功したと発表。4K/8K映像の安定した伝送ができることも確認したという。

高周波数帯を用いる5G通信は、高速鉄道ではドップラー効果や線路周辺の遮蔽物の影響を受け、通信品質が不安定になるという課題がある。今回の実験は2020年10月から12月にかけて、東北新幹線仙台駅〜新青森駅の一部区間において、JR東日本が試験走行するALFA-Xで実施。3GPP国際標準仕様に準拠した新たな実験装置を用いて、実証実験としては国内最高速度となる時速360kmで実施した。

実験では、ALFA-X内に実験用5G移動局を備え、線路沿いに実験用5G基地局2局を約900m離して仮設置。時速360kmで走行するALFA-Xと基地局で5G(使用周波数帯:4.85GHz)による無線通信を行い、受信時に最大500Mbps以上、送信時に最大100Mbps以上で通信できることを確認した。100Mbps以上の通信速度を保ったまま、通信基地局を切り替えるハンドオーバーにも成功したという。

また、双方向で4Kと8Kの高精細映像コンテンツをダウンロード・アップロードする実験と、双方向にストリーミングする実験も行い、いずれも安定して伝送できることを確認。約30分の4Kコンテンツを約1分でダウンロードできたほか、2つの基地局で構成した5G通信エリア内で4K/8Kコンテンツのストリーミング再生にも成功した。なお、8Kの実験には既報の通り、シャープの8K対応機材が使われている。

NTTドコモとJR東日本は、「高速鉄道での4K/8K映像の伝送など、これまで実現することが難しかった新たなサービス提供の可能性が広がる」としている。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る