旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

iPhoneを水平持ちすればできる「手書き文字」

2021年01月26日11時00分 / 提供:マイナビニュース

デバイスの傾きを検出する「ジャイロセンサー」は、iPhoneでもさまざまな目的に利用されています。その代表格が、画面の回転。iPhoneを横方向に90度近く傾けると(水平持ち)、その動きに応じて画面が回転します。ふだんは縦長の画面が横長に早変わりするだけでなく、アプリにふだんとは別の機能/振る舞いを持たせる目的で活用されています。

たとえば、iPhoneに付属の計算機アプリ。水平持ちにすると、ボタンの数が増えて関数電卓として利用できるようになります。カレンダーアプリも、一瞬で週単位の表示に切替わり、数日先のスケジュールを把握しやすくなります。

メッセージアプリにも、水平持ちにすると有効になる機能が用意されています。画面上を指でなぞると、そのとおりの文字/図形を相手に送信できる「手書き文字」機能です。垂直持ちでは有効にならないため、事前にコントロールセンターの「画面縦向きのロック」ボタンをオフにしておきましょう。

使いかたはかんたん。メッセージ送信先を選択した状態でiPhoneを水平持ちし、キーボードの手書きキーをタップすればOKです。画面が手書き文字入力モードに変わり、指先でなぞったとおりの文字/イラストを相手に送ることができます。

なお、利用されるサービスがMMSの場合は手書き文字が静止画として送信されますが、iMessageの場合はアニメーション再生されます。手書き画面が横長のため自由度は限られてしまうものの、文字の代わりに一筆書きのイラストを入力すると楽しく使えるかもしれませんよ。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る