旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

香取慎吾、SNSの機能もすべて自分で動かし「もはや現実との境目が…」

2021年01月25日08時00分 / 提供:マイナビニュース

テレビ東京 2021年1月クールドラマ『アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~』(1月25日スタート 毎週月曜22:00〜)のオンライン記者会見が24日に行われ、香取慎吾、関水渚、MEGUMI、清水尋也、勝村政信が登場した。

同作はオリジナルのクライムサスペンス。警視庁によるSNSの専門の対策室「警視庁指殺人対策室」を舞台に、ある事件をきっかけに捜査一課の第一線から外された一匹狼の万丞渉(香取慎吾)をはじめ、出世コースから外れたクセモノメンバーが、キーボードによる殺人=指殺人に苦しむ人々の事件を解決に導き、顔の見えない犯罪者=アノニマスを捜査し見つけ出していく。

現場の雰囲気について、香取は「とってもいいです。と言うと、キャストがにやっと笑うくらいいです」と明かす。「倉庫を借りて、2カ月半くらいセットを建て、撮影も1カ月半くらい。まだ放送が始まってないのに、もはや追われている雰囲気です。もう4話〜5話くらいまで進んでるんですが、色々と何かに追われてて、カツカツでやっています」と苦笑した。

関水は「先輩方が優しくて、初日からフレンドリーに話しかけてくださって輪の中に入れてくださった」、MEGUMIは「指対室のメンバーが5人と、たくさんいるわけでもなくほとんど朝から夜までここでずっと一緒。クランクインした瞬間から追われているような状況なのでみんなの絆みたいなものも強く結ばれてる」、清水は「最年少なのですが、未熟な僕にも仲良くしてくださって毎日楽しくやらせていただいております」と、メンバーも和気藹々とした様子。勝村は「ここは都心から車で約1時間、2度から3度ほど温度が低く、冷蔵庫の中に全員がいるような……そばにいないと暖がとれない、生命を脅かされるような寒さの中でロケが行われているのも、仲の良い原因かと思います」と説明し、キャスト陣からも笑いが起こっていた。

SNSなどの利用について聞かれると、香取は「僕はめちゃくちゃ使っています。まだSNSを初めて5年くらいですがTwitter、インスタ、ブログ、YouTube全てを使いこなしています。機能もどんどん増えていって、Instagramにストーリーができたり、TwitterにもフリートができたりYouTubeにも同じ機能があり、そういうのを全部自分でいじっています」と自信を見せる。「日々、SNSの仮想現実で生きてる時間のほうが長くなってきて、もはや現実との境目がわからなくなっています」と笑いを誘った。

また、今回演じる役については「テンション的には実は自分の素に近い部分もあるからやりやすい」としつつも、「やっぱり"慎吾ちゃん"な、明るく元気で、大きな声で大笑いしたり、そんなところも嫌いじゃない僕としては、もう少しそっちにもいきたいんだけど、この役では封印しながらやっています」と語る。

最後には「今、問題ともなっている誹謗中傷やSNSに関するドラマとなっています。今のSNSにあまりついていけてない人も、SNSが好きで僕のようにSNSをたくさん使って生活している人も、こんな世界になっているんだというのを少しは知れるんじゃないか、その先も描かれてるんじゃないか」と内容を表した香取。「この指殺人対策室のような部署は存在しないみたいですが、もしかしたら近いうちにこういう場所ができなければいけないくらいの問題になっている。世界中の問題だと思うので、今だけじゃなく先も見えるようなドラマになっている」と展望を示す。「でも、SNSの闇の部分だけじゃなくて、ちょっとでも光の部分や、向かう先、助けられるにはこんな光もあるんじゃないかという部分も見えたらいいのかなと。あくまでもドラマなのでフィクションとして、みんな毎週ワクワクするドラマを作っているつもりなので、ぜひとも皆さんに愛されるドラマになったら嬉しいです」と意気込んだ。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る