旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

タムロン「17-70mm F/2.8 Di」レビュー 接写性能と軽快サイズが魅力

2021年01月24日21時00分 / 提供:マイナビニュース

ソニー純正品よりも小型軽量で低価格なのに明るさなど性能は抜かりなし、というEマウント用の交換レンズを意欲的に投入しているタムロン。この1月に新たに登場したのが、ソニーのAPS-Cミラーレスカメラ用の標準ズームレンズ「17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD」です。小型軽量ながらズーム全域でF2.8としたうえで、タムロン独自の手ブレ補正機構「VC」(Vibration Compensation)を搭載しているのがポイント。最短撮影距離は0.19m(ワイド端)と近接撮影も可能となっていて、オールラウンドで軽快に使えるレンズに仕上がっていました。

17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXDは、長さ119.3mm、最大径74.6mm、質量525gと、小型軽量のAPS-Cミラーレスにジャストな印象に仕上がっています。全域F2.8ということもあり、やや長めのルックスとなりますが、APS-Cミラーレスの最上位モデル「α6600」に装着した感じはなかなかのバランスです。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る