旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

タムロン「17-70mm F/2.8 Di」レビュー 接写性能と軽快サイズが魅力

2021年01月24日21時00分 / 提供:マイナビニュース

ソニー純正品よりも小型軽量で低価格なのに明るさなど性能は抜かりなし、というEマウント用の交換レンズを意欲的に投入しているタムロン。この1月に新たに登場したのが、ソニーのAPS-Cミラーレスカメラ用の標準ズームレンズ「17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD」です。小型軽量ながらズーム全域でF2.8としたうえで、タムロン独自の手ブレ補正機構「VC」(Vibration Compensation)を搭載しているのがポイント。最短撮影距離は0.19m(ワイド端)と近接撮影も可能となっていて、オールラウンドで軽快に使えるレンズに仕上がっていました。

17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXDは、長さ119.3mm、最大径74.6mm、質量525gと、小型軽量のAPS-Cミラーレスにジャストな印象に仕上がっています。全域F2.8ということもあり、やや長めのルックスとなりますが、APS-Cミラーレスの最上位モデル「α6600」に装着した感じはなかなかのバランスです。

レンズ構成は12群16枚で、2枚のGM(ガラスモールド非球面)レンズと1枚の複合非球面レンズを適切に配置。十分な光学性能を追求しています。さらに、タムロン独自のレンズ内手ブレ補正機構「VC」を搭載。テレ時だけでなく、低照度下の撮影でもブレを抑えたクリアな像に仕上げられます。近ごろは、ミラーレスでムービー撮影をするフォトグラファーも多くなっていますが、動画撮影時もしっかり補正効果が得られるとのこと。

実際にα6600に装着してブラブラとスナップ撮影を楽しみましたが、スリムかつ軽量のレンズ鏡筒はハンドリングもよく、F2.8全域ズームということでボケ効果や速いシャッタースピードなどを堪能できました。

何より、被写体に寄れる近接撮影性能が見逃せません。ブツ撮りや料理など、テーブルフォトでも役に立つこの機能は、ワイド端0.19m、テレ端0.39mのスペックを誇ります。ステッピングモーターユニット「RXD」(Rapid eXtra-silent stepping Drive)を用いたオートフォーカスは静粛かつ高速で、とっさの瞬間でも正確に合焦してくれました。レンズ鏡筒はシーリングを施した簡易防滴構造になっているので、レンズ前面の防汚コートと相まって、ちょっとの雨なら問題なく使用できそうです。

オールラウンドで使用できる明るくスリムな標準域ズームレンズだと感じました。α6000シリーズのユーザーならば、キットレンズからのステップアップを検討してみては?

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る