旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

理研など、アルファ崩壊の謎に迫るアルファ粒子をスズ原子核表面にて発見

2021年01月22日15時46分 / 提供:マイナビニュース

理化学研究所(理研)、独・ダルムシュタット工科大学、大阪大学(阪大)、京都大学(京大)、宮崎大学、東北大学、大阪市立大学、日本原子力研究開発機構(JAEA)の8者は1月21日、阪大核物理研究センター(RCNP)のサイクロトロン施設の高分解能磁気分析装置を用いた実験により、スズの同位体の原子核表面に存在するアルファ粒子=ヘリウム-4原子核(4He、陽子数2、中性子数2)を発見したと共同で発表した。

同成果は、理研 仁科加速器科学研究センター スピン・アイソスピン研究室のザイホン・ヤン基礎科学特別研究員(現・阪大 核物理研究センター 特任研究員)、同・上坂友洋室長、ダルムシュタット工科大の田中純貴特別研究員(現・理研仁科加速器科学研究センター スピン・アイソスピン研究室 特別研究員)、同・シュテファン・ティペル研究員、トーマス・オーマン教授、RCNPの民井淳准教授、同・小林信之助教、緒方一介准教授、京大 理学研究科の銭廣十三准教授、宮崎大 工学教育研究部 工学基礎教育センターの前田幸重准教授、東北大 サイクロトロン・ラジオアイソトープセンターの松田洋平助教、東北大大学院 理学研究科の三木謙二郎助教、JAEAの吉田数貴博士研究員らの国際共同研究チームによるもの。このほか、独・GSI研究所、中国・北京大学、仏・IJC研究所、東京大学、独・HIC-FAIR、研究者を加えた合計34名が参加した。詳細は、米科学雑誌「Science」の掲載に先立ち、オンライン掲載された。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る