旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

4ドルのマイコンボード「Raspberry Pi Pico」発表、独自開発のマイコン搭載

2021年01月22日07時50分 / 提供:マイナビニュース

英Raspberry Pi Foundationは1月21日 (現地時間)、マイコンボード「Raspberry Pi Pico」を発表した。独自開発のRP2040チップを搭載、「(Raspberry Pi) 初のマイクロコントローラ・クラスの製品」としている。価格は4USドル。日本ではスイッチサイエンスやKSYが販売を予定しており、スイッチサイエンスでの価格は550円 (税込)。

RP2040は、これまでRaspberry Piの様々な製品でマイコンを採用してきた経験から、整数演算に優れたパフォーマンス、柔軟なI/O、低価格の3つを大きな目標に独自に開発した。7×7mm QFN-56パッケージに、Cortex-M0 (デュアルコア/133MHz)、256KB SRAMを搭載。QSPIバスを介して最大16MBのフラッシュメモリーをサポート。30 GPIOピン (4つはADCに利用可能)、USB 1.1、UART×2、SPIコントローラ×2、I2Cコントローラ×2、PWMチャネル×16といった機能を備える。パフォーマンスについては、Pete Warden氏がTensorFlow Liteをポートしている。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る