旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

菅田将暉、コロナ禍の芸術を語る「必要性をすごく痛感」

2021年01月19日17時00分 / 提供:マイナビニュース

俳優で歌手の菅田将暉が、22日発売の雑誌『JUNON』3月号(主婦と生活社)に登場する。

菅田が主演を務めた映画『花束みたいな恋をした』(29日公開)は、脚本家・坂元裕二氏が書き下ろした初のオリジナル恋愛映画。東京・京王線の明大前駅で終電を逃したことから偶然に出会った大学生の山音麦(菅田)と八谷絹(有村架純)は、好きな音楽や映画がほとんど同じであっという間に恋に落ち、大学を卒業してフリーターをしながら同棲を始める。拾った猫に2人で名前をつけて、渋谷パルコが閉店しても『スマスマ』が最終回を迎えても、日々の現状維持を目標に2人は就職活動を続けるが……。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る