旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

パナソニック、VRで劇場の計画・運用を支援する設計評価手法を開発

2021年01月19日07時22分 / 提供:マイナビニュース

パナソニック ライフソリューションズ社は1月18日、ラムサの西豊彦代表取締役及び東京都市大学建築都市デザイン学部建築学科の勝又英明教授と共に、劇場・観覧施設の最適な計画・運用を支援する設計評価手法「View-esT(ビューエスト)」を確立し、現在特許を申請していると発表した。

劇場やホールなど観覧施設では、計画・設計段階で客席から舞台が見えやすいかを判別することが難しい場合があり、施設完成後に施設利用者から困りごとや苦情などの形で顕在化する例が見受けられるという。同手法は、従来の評価手法ではできなかったという評価基準を数値化し定義することで可視化し、課題解決を支援するとのこと。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る