旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

くら寿司が渋谷に登場!? 非接触型の新店舗「渋谷駅前店」に行ってきた

2021年01月19日19時07分 / 提供:マイナビニュース

回転寿司チェーン「くら寿司」は1月19日、都心型店舗初出店となる「渋谷駅前店」、「西新宿店」をグランドオープンした。

今回開店した2店舗は「非接触型サービス」を標準装備し、テイクアウトメニューの拡充やデリバリーにも対応。入店から退店まで、店員と対面せずに飲食できるという。

そこで今回、感染予防対策も万全だという「くら寿司 渋谷駅前店」に足を運んできた。
タッチパネルにさえ触れないでOK? そこには新しい回転寿司の姿が

「くら寿司 渋谷駅前店」は、渋谷駅A3b出口の真横にある渋谷第一勧銀共同ビル「グルメタウン」の7階に店舗をかまえている。

7階まで足を運ぶと、エレベーターが開いてすぐに「くら寿司」の文字が。

渋谷駅前店」と「西新宿店」は、非接触型サービスを標準装備。入店してすぐ設置されているセルフの「案内パネル」や「会計パネル」はもちろん、商品注文はスマホから行える点が特徴だ。

渋谷駅前店・西新宿店限定メニューも!

そして「渋谷駅前店」と「西新宿店」では、オープンを記念して店舗限定商品を販売していた。SNSでも映えそうな商品がラインアップだ。

■ひとくちサイズで食べやすい「えびサーモン寿司」(税込242円)

「えびサーモン寿司」は、えびとサーモンの上にアボカドといくら、食用の花びらがトッピングされている一品。女性や子どもでも食べやすいひとくちサイズになっており、SNSなどでも映えそうなかわいらしいメニュー。一皿でいろいろな食べ合わせを楽しめるので、コストパフォーマンス抜群だ。

■スッキリしたヨーグルトが嬉しい「KURA ROYAL」の限定メニュー

くら寿司のスイーツブランド「KURA ROYAL」からは、ヨーグルトフレーバーのドリンクが登場。通常の「KURA ROYAL」とは異なり、こちらも食べられる花がトッピングされた華やかなメニューとなっている。

ヨーグルトに苺とブルーベリーの風味が混ざり合い、すっきりとした甘みを味わえる商品。こちらのメニューもテイクアウト可能となるため、気に入った人はお持ち帰りで注文するのもありだ。

■都心店限定通常メニュー「大人寿司」ほかお得なランチセットも充実!

さらに都心店では、大人が美味しく食べられる商品をテーマに「大人寿司」シリーズ2品ほか、アルコールメニューを通常店舗より8種類も追加。16種類のお酒を楽しめる。都心での来店客に合わせたメニューを想定しているようだ。

また、4種類のどんぶりと茶碗蒸し、赤だしなどがセットになった「くらランチ」(税別500円)の販売時間を17時までから20時まで延長し、"打倒コロナメニュー"として「くらランチ」にコーヒーを加えた「コロナに打ち勝とう! セット」(税別567円)を発売。テレワーク中のランチに悩んでいる人にも嬉しいテイクアウトメニューまで用意されている。

そのほか期間限定メニューも絶品!

そして現在、くら寿司では都心店含む全店舗にて「大間のまぐろVS寒ぶり」フェアを実施中。ほかのまぐろと比べて、味や色が濃く、旨味が凝縮されているという「大間のまぐろ」(1貫 税込220円)や、脂がたっぷりと乗った「寒ぶり」(税込220円)など、旬の魚を堪能できるメニューも目白押しだ。

※フェアの実施期間は1月21日まで

同店は先日施行された緊急事態宣言にあわせ、外出自粛期間中の店内営業時間を20時までに縮小。テイクアウト・デリバリーは21時まで対応するとのこと。
「非接触型サービス」を標準装備した、これからの生活様式を意識した都心型店舗くら寿司「渋谷駅前店」「西新宿店」。都会暮らしの方は要チェックだ。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る