旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

東芝、約1万人が対象の社員食堂に"スマートレシート"導入

2021年01月15日18時41分 / 提供:マイナビニュース

東芝と東芝データは、グループが展開する電子レシートサービス「スマートレシート」を約1万人が対象となる社員食堂に導入。従業員の健康増進サポートを図るとともに、データとAI技術を活用したデジタルヘルス事業を組み合わせた実証実験を来期より実施する。

「スマートレシート」は対応する店舗にて電子レシートをスマホで受け取れるサービスで、消費者はレシートをデジタル化することでスマートに家計や支出を管理、キャンペーンやクーポンなど店舗に応じたサービスも得られる。レシートのペーパーレス化を促進し、データ活用のメリットを消費者と店舗が受けられる仕組みを提供するものだ。昨年12月1日より対象約1万人となる東芝の浜松町本社、川崎本社の社員食堂へ導入しており、従業員などの利用者は記録しておかないと忘れがちな、食べた日付やメニュー、金額などの食生活を手軽にチェックできる。データから栄養バランスの良いメニューを推奨するクーポンを発行するといったことも可能になる。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る