旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

3Dアバターで仮想会議室に参加できるシステムの実証実験 - ドコモ

2021年01月15日14時14分 / 提供:マイナビニュース

NTT ドコモは1月14日、遠隔地にいても 3Dアバターとなって仮想ミーティングルームに参加できるシステム「XR テレプレゼンスミーティング」の実証実験を2021年1月末から開始すると発表した。

同システムでは、スマホで撮影した1枚の顔写真から3Dのアバターを生成し、VRデバイスやMRデバイスを装着することで、遠隔地から仮想のミーティングルーム上で会議を実現する。自宅や遠隔のオフィスなどにいながら、身振り手振りを交えたコミュニケーションによる会議が行える。

今回新たに、顔写真から3Dのアバターを生成する機能を追加したほか、VRデバイスだけでなくMRデバイスにも対応した。同システムが対応しているデバイスは、VRデバイス「Oculus Quest」とMRデバイス「Magic Leap」。

VRデバイスを使用した場合、視界がすべて会議室となり、没入感の高い会議や資料の共有、ブラウザの操作などが可能。一方、MRデバイスを使用した場合、半透過型であり現実の世界も見えていることから、PC を操作しながら会議に参加することが可能。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る