旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ヤフオク!、商品を多視点から見られる写真をスマホ1台で撮影する「マルチビュー機能」

2021年01月15日13時22分 / 提供:マイナビニュース

ヤフー(以下、Yahoo! JAPAN)は、商品を多視点から見られる画像(以下、マルチビュー画像)を誰でもスマートフォン1台で撮影できる「マルチビュー機能」を、インターネットオークションサービス「ヤフオク!」アプリ(iOS版、Android版)で提供開始した。

ターンテーブルや専用カメラといった特殊な機材を使わずに、多視点から見られる商品写真を、スマートフォン1台で撮影可能にする機能。Yahoo! JAPANのサービスの中で、マルチビュー機能が搭載されるのはヤフオク!が初めてとなる。

出品者はヤフオク!アプリのガイドに沿って複数の角度から商品を撮影することで、マルチビュー画像を作成し、出品画像として設定が行える。

入札検討者は、出品された商品のマルチビュー画像をスワイプして左右に回転させながら、さまざまな角度から商品の特徴や状態を把握できる。

機材なしでの撮影は、コンピュータによる視覚の実現を研究する分野であるコンピュータビジョンの技術や、AppleのARKit(iOS)、GoogleのARCore(Android)を応用して実用化した。

多視点の画像生成にはカメラキャリブレーション技術のための膨大な手間と計算リソースが必要になるところを、AR(拡張現実)アプリ開発フレームワークで大幅にコストを削減。スマートフォン搭載のGPUを活用し、CPUのみの処理と比較して、多視点の画像を生成するまでの時間を約400分の1に短縮した。

マルチビュー機能について、開発担当者の技術解説が「Yahoo! JAPAN Tech Blog」に掲載されている。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る