旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

SUVは1,000万円以下! アウディの電気自動車「e-tron」に新モデル

2021年01月13日15時00分 / 提供:マイナビニュース

アウディ ジャパンは電気自動車(EV)「e-tron」の新たなモデルを発売した。2020年9月に日本導入となった「e-tron Sportsback 55 quattro 1st edition 」は1,300万円台だったが、今回の新モデルは933万円からという価格設定。同社のフィリップ・ノアック社長は新モデルが「多くの人にEVを選んでもらう橋渡し役」になると期待を込める。

○SUVは荷室容量が拡大

2020年9月に発売となったe-tronは、バッテリー容量の大きい「55」(容量:95kWh)で、ボディタイプは「スポーツバック」(クーペ調ルーフラインが特徴)であり、いろいろな装備が最初から付いている「ファーストエディション」だった。追加となった新モデルはバッテリー容量が55よりも小さい「50」(容量:71kWh)だ。ボディタイプはスポーツバックとSUVが選べる。

SUVの「e-tron 50 quattro」には「base」「advanced」「S line」という3つのグレードがあり、価格は933万円~1,108万円となる。スポーツバックは「S line」のみの設定で、価格は1,143万円だ。アウディ ジャパンによれば、e-tron 50では減税と補助金で計50万円以上の恩恵を受けられるという。

ボディサイズはSUVが全長4,900mm、全幅1,935mm、全高1,630mm。スポーツバックは全高が1,615mmとなる。SUVとスポーツバックではルーフラインのデザインが異なるので、荷室容量に差がでる。具体的にはスポーツバックが616Lであるのに対し、SUVは660Lとなる。

2020年9月に発売となった55と今回の50では性能も異なる。バッテリー容量の差により、フル充電での航続可能距離(WLTCモード)は55が405キロであったのに対し、50は316キロに。動力性能を見ると55は最高出力300kW、最大トルク664Nm、50は同230kW、540Nmとなっているが、これであれば50でも十分に速そうだ。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る