旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

レッツノート春モデル、12.1型の「SV」が第11世代Intel Core搭載

2021年01月13日13時30分 / 提供:マイナビニュース

パナソニックは1月13日、モバイルノートPC「Let'snote」(レッツノート)の春モデルを発表した。店頭向けには12.1型の「Let'snote SV1」、12型2in1 PC「Let'snote QV9」、14型の「Let'snote LV9」、10.1型2in1の「Let'snote RZ8」の4機種をラインナップする。新プロセッサを採用するSV1を除いた3シリーズは、基本的に秋冬モデルの仕様を踏襲するかたちだ。

価格はオープンで、店頭予想価格は税別215,000円前後から。発売日はいずれも1月22日。
○Let'snote SV1

Let'snote SV1は、一部を除き光学ドライブを載せた12.1型ノートPC。2021年春モデルでは第11世代Intel Core(Tiger Lake)シリーズを新たに採用し、CPUパフォーマンスが2020年10月発売のSV9から約1.6倍に向上している。これにともない、冷却ファンの羽の枚数を、従来の47枚から79枚に増加し、冷却性能を強化。一方で、ファン全体のサイズ・重さはほぼ変わらず、本体の重さも従来と同じだ。CPUのパフォーマンスを細かく制御するMaxperformerも引き続き搭載する。

インタフェースでは、Thunderbolt 4対応のUSB 3.1 Type-Cポートを新搭載した。USB Power Deliveryにも対応し、15W以上の出力で本体充電が行える。店頭予想価格(税別)は215,000円前後から。

○Let'snote LV9

Let'snote LV9はフルHD解像度の14型ノートPCで、春の店頭向けモデルでは3モデルを用意。主な仕様は秋冬モデルを引き継き、Maxperformer機能も搭載する。店頭予想価格(税別)は235,000円前後から。

○Let'snote QV9

Let'snote QV9は、ディスプレイが360度回転する2in1タイプの12.0型ノートPC。2021年春モデルは2機種を用意し、メモリ容量を16GBに揃えたほかは、前モデルとほぼ同じ仕様を引き継いでいる。なお、QV9でもMaxperformer機能を搭載する。店頭予想価格(税別)は270,000円前後から。

○Let'snote RZ8

Let'snote RZ8シリーズは、ディスプレイが360度回転する10.1型の小型2in1 PC。2021年春の店頭モデルは2機種で、基本仕様は秋冬モデルを引き継ぐ。店頭予想価格(税別)は240,000円前後から。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る