旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

NECが大腸がんの早期発見に向けた内視鏡画像解析AIを開発・販売

2021年01月12日11時52分 / 提供:マイナビニュース

NECは1月12日、大腸内視鏡用のAI診断支援医療機器ソフトウェア「WISE VISION 内視鏡画像解析 AI」を開発し、日本における販売を開始した。日本に次いで欧州でも近く販売の開始を予定し、新ソフトウェアは既存の内視鏡機器に接続することで、内視鏡検査時に撮影される画像から内視鏡検査中にAIで病変が疑われる部位を自動検知し、病変の検出を支援する。

大腸がんは日本国内で最も罹患者数が多いがんであり、欧州域内でも2番目に患者数が多いという。大腸がんは前がん病変(大腸腫瘍性ポリープ )から発生することが明らかになっており、ポリープの段階で内視鏡検査時に見つけ出し摘除することで、大腸がんへの進行を抑制することができる。

しかし、ポリープは内視鏡医の肉眼で見つける必要があり、サイズが小さい、形状が認識しにくいなどの場合は発見が難しく、約24%が見逃されており、発見が遅れる原因となっているという。

この課題解決に貢献するため、同社は2016年から国立がん研究センターと連携し、1万病変以上の内視鏡画像を専門医の所見と併せてAIに学習させ、病変が疑われる部位を自動検知するソフトウェアを開発。開発にあたり、同社のAI技術群「NEC the WISE」と顔認証技術を応用した。

主な特徴として、オリンパスメディカルシステムズ、富士フィルム、HOYAの主要内視鏡メーカー3社の内視鏡に接続を可能とし、既存の内視鏡と新ソフトウェアを搭載した端末およびモニターを接続するだけで、すぐに利用を開始できる。さまざまな内視鏡に対応し、準備が容易であるため、院内での移動もでき、検査のある先で効率的に使用することを可能としている。

また、病変候補位置を通知音とマーキングで伝え、通知音や音量、マーカーの色は利用者の好みに合わせていつでもカスタマイズが可能。視認性の高いユーザーインタフェースで直観的に操作することができ、ストレスなく検査を進めることができるという。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る