旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

エプソン、電子黒板機能搭載プロジェクターとChromebook接続時の機能を強化

2021年01月12日11時56分 / 提供:マイナビニュース

エプソンは1月12日、教育現場で活躍するインタラクティブ(電子黒板)機能搭載プロジェクターとChromebookを接続した際の機能を強化し、今月から順次提供を開始することを発表した。

今回の主な機能強化ポイントは、「電子ペンや指による操作」と「ソフトウェア「Epson iProjection(for Android)」への対応」の2つ。

エプソンのインタラクティブ(電子黒板)機能搭載プロジェクターとChromebookを有線接続(HDMI+USB)した際、電子ペンや指による操作が可能となる。対応するChrome OSは、1月12日現在の最新バージョン。提供開始は1月12日。対応機種は、EB-1485FT/735Fi/725Wi/710UT/696UT/695WT/685WT。

また、ソフトウェア「Epson iProjection(for Android)」のバージョンアップにより、Chromebookにも対応し、これまで要望の多かった「モデレーター機能」が使用可能になるという。2021年3月末から、Google Playストアにて公開予定。

対応するChrome OSは、1月12日現在の最新バージョン。対応機種は、「Epson iProjection(for Android)」に対応したプロジェクター。ただし、電子ペンや指による操作/音声出力/拡張ディスプレイ/プロジェクター自動検索には対応しない。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る