旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

2020年の世界PC出荷台数、10年ぶりの大きな伸び、コロナ禍で評価一変

2021年01月12日11時52分 / 提供:マイナビニュース

米国時間の1月11日にGartnerとIDCが、2020年の世界PC出荷台数の調査結果を発表した。ステイアットホーム、リモートラーニング、テレワークなどでコンシューマ向けPCの大きな需要が生まれ、新型コロナ禍の影響を受けた製造工場やサプライチェーンも第2四半期以降に供給ペースを取り戻し、2020年通期では10年ぶりの大きな伸びになった。

Gartnerの2020年世界PC出荷台数(暫定値)は2億7,515万台、前年比4.8%増。2年連続で前年を上回ったが、1年前に同社が発表した2019年の世界PC出荷台数は前年比0.6%増と微増だった。それでも減速傾向にあったPC市場において、Windows 7のサポート終了に備えた買い換え需要を追い風とした8年ぶりの伸びが話題になった。それを大きく上回る今年の4.8%増は、同じ伸びでも需要の力強さが異なる。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る